80%ぐらいのがんばり

2歳娘との生活、気になったニュース、読んだ本

堀越英美『女の子は本当にピンクが好きなのか』で紹介された海外のおもちゃ

理系・文系なんて分け方がナンセンスだ!といいたいのだが、わたくし、疑うことなき文系人間です。得意科目は国語と社会科。理科系なら唯一生物が好きだった。数学は小学校の算数の長さでつまずき、高校での化学は「これ日本語???」というレベル。物理は選択科目だったんだっけ?高校物理を学んだ記憶が一切ないのだが。本当に習っていないのか記憶から抹消したのか…。

 

しかし、文系人間ほど理系的なものに憧れがあるのも事実。自分が文系であるという自覚が強いからこそ、わが子には先入観なく、数学や科学に親しんでほしいと願っている。虫の良い親である。

そんな中、読んだのが堀越英美『女の子は本当にピンクが好きなのか』だ。

 

本書は「ピンク」をテーマに、女性とピンクの歴史、最近の女児玩具カルチャー、女性(女の子)の自意識とジェンダーの問題にも踏み込んでいる。私を含めて女性は、小さいときから「女」という性の影響をものすごく受けているのだなと再実感。

 

女の子=ピンクのイメージに違和感がある方、海外(主にアメリカ)の最新女児カルチャーを知りたい方、ジェンダーの問題に関心がある方など、本書は「ピンク」を入口に多くの問題の示唆に富んでいる。

 

さて、私はジェンダーの問題に関心がないわけでもないが、この本で1番興味を抱いたのが第2章ピンクへの反抗と第3章リケジョ化するファッションドールの部分だ。

 

女の子は本当に理系が向いていないのではなく、「数学や化学が苦手なのが女の子らしい」という社会認識に縛られているという指摘には納得。

 

オバマ大統領は就任以来、STEM教育の推進を測ってきた。STEMとは「Science, Technology, Engineering and Mathematics」の略であり、科学技術分野を支える人材の育成を国家的な重要事項と捉えていた。しかし、アメリカでもこうした科学技術分野への女性の進学率・就業率の低さは顕著だったようだ。

そうした中、既存のおもちゃは男の子は空間把握能力が伸びるようなブロックなどの種類が充実しており、冒険・宇宙などのテーマも幅広いのに対し、女の子向けのおもちゃはピンク・パステルカラーでプリンセスが出てくるキラキラ系、舞台はおうちやお庭が多く、「お世話」「かわいさ」という領域に限定されていると保護者たちから問題視されるようになった。

その結果、STEM教育に役立ち女児の知的好奇心を刺激するおもちゃや新しい女の子のあり方を模索したおもちゃが誕生していく。アンチピンク運動とも呼べるものだ。

 

この新しいおもちゃが本当におもしろい!

 


Roominate: Way Better Than a Dollhouse 

自由にドールハウスを組み立てられるルーミネイト。電気の配線も自分で考えて、扇風機を回したり、ライトをつけるなどの電子工作が可能!

これはほしい…。ドールハウスで遊びだけでなく、作る喜びも味わえる。昨今のDIYブームを考えると日本でも商品化してほしいところだ。

 

shop.lego.com

2012年に発売された女の子向けレゴ「レゴフレンズ」。パステルカラーのレゴ、結構みかけますよね。このシリーズが発売されてから、10パーセントに満たなかった女子のレゴユーザーが27パーセントまで伸びたとか!

しかし、既存のレゴを愛する人々からは、「レゴフレンズ」という女児向けのキッドを作ってしまうと、女の子はそれ以外のレゴを男の子向けだと思って逆に近づかなくなるのでは?という懸念も聞かれたそうで、一理あるかなと…。

興味を持ってもらうためにやったことが、逆にその他の商品への敷居を高くするのは難しいところだ。そもそも分けることのそものが「差別」という考えもありますしね。

 

他にも「女の子レゴがすることはおうちで過ごしたり、お買い物にでかけるだけ。男の子のレゴはもっと冒険するのに!」という4歳の女の子の声にこたえて、レゴはレゴフレンズではなく、女性の科学者、天文学者、古生物学者をモチーフとした研究所セットも発売している。実際の女性科学者がこのセットを使って、日常を再現するTwitter@LegoAcademicsも人気で、おもしろい。

 

 


Project Mc² | OFFICIAL TRAILER

STEM要素を取り入れたファッションドールプロジェクトMc2には実際に使えるサイエンスグッズがついているんだとか。

オリジナルドラマ版では、科学やハッキング、電子工作に興味持つ「リケジョ」たちがスパイ組織の一員としてミッションをこなすハチャメチャコメディ!

ドラマやアニメの中に「科学要素」を入れるっていうのはめちゃくちゃ有効な理系教育だと思います。日本でも、科学要素を取り入れたアニメが妖怪ウォッチ並みに流行ったら、理系志望が爆発的に増えたりして…!?

 

 

お次は既存の女児カルチャーへの抗っているファッションドールたち。

 


Lammily - Average is Beautiful

19歳のアメリカ人女性の平均体形をモデルにしたラミリー人形。

脂肪やそばかす、妊娠線などもシールで再現できるらしい。

なにもそこまで…と思うが、スーパーモデルバービー人形とは真逆をいってるんでしょうね。バービー人形が女の子の摂食障害や体への自信のなさに繋がるという問題はよく聞かれます。

でも、バービーはバービーでエンジニアになったりして理系の職業にチャレンジ中らしく、彼女は彼女でキャリアウーマン道を邁進しててなかなかたくましい。

 

www.lottie.com

ラミリーちゃんが苦手な方はイギリス生まれのロッティーちゃんが可愛い。

9歳児らしい体形で、ファッションもショートパンツやロングTシャツ、靴はハイヒールなしで、親が子供に買い与えたい健全さに満ち溢れている。

でも実は宇宙飛行士に憧れる6歳の女の子のリクエストで天文学者ロッティーが登場して、国際宇宙ステーションまで宇宙旅行にいったりしてるすごいやつ。

 

 

最近はあまりうらやましくないことも多いアメリカですが、良くも悪くも消費者の意識が高いのかもしれない(人口の何パーセントかはわからんが)。保護者団体がおもちゃ屋で男女でコーナーを区切るのはやめるように抗議し、実現している。

アメリカはアニメへの規制も厳しと聞くが、それはこういった親たちの意識の高さが裏にあるのだろうか。

でも、日本で「リカちゃんやママは台所に立ってるのに、パパが新聞読んでるだけなのは性差別を助長してる!」とか訴えたら、モンスターカスタマー扱いされかねませんよね?

 

ルーミネイトなどの女児向け工作おもちゃは、最初はクラウドファウンディングから始まっているのも特徴的だ。

日本でも多くの女児を科学技術の世界に誘うようなおもちゃが登場してほしい。 

 

 

白状すると、男女でおもちゃの種類が違うことに対し、今までほとんど違和感を感じたことはありません。娘はまだ2歳なのでおもちゃも「積み木」「ブロック」「絵本」など基本的なものが主流で、そこにピンクやパステルカラーが入る余地はあんまりなかったです。

でも読後に近くのトイザらスに行ってみたら、対象年齢3歳くらいから女の子向け、男の子向けで売り場がわかれてました。女の子の売り場の装飾はやはりピンクで、お人形やドールハウス、お店屋さんセットなんかがやっぱり多かったです。

生まれながらの性差はあるし、女児向けのおもちゃにもプラス要素はたくさんあります。ただ無意識的に「女の子はここ!」と押し付ける前に、この本に出会えてよかったかも。 

作中では「ピンクカラーの罠」といって、日本の女児の憧れる職業は総じて低賃金であるという現実にも触れられています。

 

さんざん面白かったと書いておいてあれですが、この本お値段が2400円+税とやや高めです。私は著者の堀越さんの訳書『ギークマムー21世紀のママと家族のための実験、工作、冒険アイデア』を読んだことがあるので購入を迷わなかったし、読み終わって満足感しかないですが、私のこんな紹介では購入するか迷っている方もいるでしょう。

 

そんな時は目次を見てみよう!

著者の堀越さんの力量か、担当編集が優秀だったのか、目次とイントロダクションが非常に親切設計でわかりやすく、目次を見て買えば「はずれた!」というリスクをかなり高い確率で回避できます(たぶん)。